自転車保険は必需品

近年、自転車での出会い頭の事故が増えてきています。今までは被害者側に立つ事が多かった自転車も、今では加害者側となる事が多くなってきているのです。スマホを片手に、イヤホンで音楽を聴きながらなど「~しながら運転」が目立ち、自転車同士の出会い頭の衝突や歩行者への接触など、自転車が加害者になる事故が増加しています。自転車も免許は無いとは言え、れっきとした軽車両に分類されています。

以前、兵庫県で小学生が自転車で坂道を走行中に歩行者と接触し怪我を負わすという事故がありました。結果裁判になり、地裁が下した判決は「小学生の保護者に賠償責任を求める」という内容になりました。小学生側は敗訴になり、被害者の母親に約9500万円の賠償を命じたのです。大人だけでなく小学生という子供でも事故を起こしてしまう可能性があるという事を踏まえ、車の任意保険と同じように自転車保険があれば安心です。自転車保険には車の任意保険と同じように色々な保険会社から様々な種類の保険が出ています。自転車を運転している限り、被害者ではなく加害者になってしまう可能性が十分にあるということをしっかりと認識しておくようにしましょう。

自動車と同じように、自転車も任意で自転車保険に入るべきです。自転車販売店やインターネットなどで加入できますが、年間1,000円前後からで、補償は本人だけのものから賠償保障まで様々あります。自動車保険(任意保険)でも、付属で自転車保険をカバーしている保険会社もありますので、各社を比較してみてはどうでしょうか。