補償内容で選ぶ

自転車保険の補償内容は、保険会社によって異なりますが一つにロードサービスが挙げられます。
自転車事故を起こしてしまい、自転車が壊れてしまった場合は自宅まで一度持っていく必要があります。
また、事故を起こしていない場合でもチェーンが切れてしまうなどのトラブルがあった場合も自宅や近くの修理出来る場所に運ぶ必要があるでしょう。
その場合、自宅から離れた場所にいる場合は持って行くことが困難となりますがロードサービスを利用することが出来ます。
ロードサービスは、電話することでスタッフが駆けつけてくれて自転車を運び出してくれます。
また、保険会社によっては無料で利用することが出来る他にも、決められた範囲内であれば無料など様々な補償サービスがあります。

ロードサービスは、24時間年中無休で利用することが出来るため夜中などでも安心して利用することが出来ます。
その他にも、自転車保険に加入する保険会社によっては示談代行サービスも利用することが可能となっています。
示談代行サービスは事故を起こしてしまうと被害者に謝罪をし、示談交渉を行なう必要がありますがそれをスタッフが代わりに行なってくれるものです。
入院している被害者の元へ謝罪しに行くことも大切ですが、冷静に話し合うことは難しいものだといえます。
しかし、示談代行サービスでは代わりにスタッフが行なってくれるので示談交渉をスムーズに進めることが出来るといえるでしょう。
自転車保険には様々な補償内容があり、サポートしてくれるため自転車保険に加入しておくことは大切だと考えられます。